参列者のマナー

喪主の経験はなくても、親族や友人、会社関係などのご葬儀に参列したことはあるのではないでしょうか。なかには慌てて喪服や香典を用意した方もいるかもしれません。大切な方を失い、深い悲しみにくれているご家族に失礼のないよう、呼ばれる側としてのマナーや知識をご紹介します。

いざという時のために今からできる準備

  • 服装

    服装

    学生のうちは準礼装でも、社会人ともなれば正式な喪服は準備しておくべき。バッグや靴などの小物にも注意が必要です。

  • 香典

    香典

    金額から始まり、表書きやふくさなど、押さえておくべきマナーは意外とあるものです。手渡しできない場合の対処法なども参考に。

  • 焼香

    焼香

    焼香にも立礼や座礼などがあったり、宗教宗派によって線香や献花だったりとその形はさまざまです。作法として身につけておきましょう。

  • 弔電

    弔電

    やむを得ずご葬儀に参列できないときはすぐに弔電を送ります。送るタイミングや文例などご用意しています。

  • 供花・供物

    供花・供物

    故人様の霊を弔うために霊前にお供えする花を「供花」、品物を「供物」といいます。相場や注意すべき点を後生かします。

  • 弔辞

    弔辞

    ご家族から弔辞を頼まれたら、快く引き受けるのがマナーです。故人様への感謝とご家族へのお悔やみの気持ちをしっかり伝えましょう。

\
まずは手軽に相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
じっくり相談したい方
/ 家族葬 ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いしてお話する対面相談 ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ