お墓・墓地・納骨堂

お墓には、宗派を問わない民間墓地や、公営墓地や寺院墓地、近年増加傾向にある納骨堂、そして新しい供養の形である散骨など、選択肢が複数あります。ファミーユでは、故人様とご家族の絆を感じられる最適な安息の地探しのお手伝いをいたします。

墓地の種類

公営墓地

地方自治体の管理・運営で安心感があり、価格や管理料が安価なため人気があります。

メリット

  • 経営・管理体制が安定している。
  • 永代使用料に割安感がある
  • 管理料が安い
  • 宗教不問
  • 自分で石材店を選ぶことができる

デメリット

  • 募集数が少なく、募集時期も限られている。
  • 募集期間が短い。
  • 申し込み資格に制限がある。
  • 葬儀の後も分からないことが多い中、「手続支援サービス」にはとても助かっています。
  • 新規の場所ではなく、過去に別の墓があった場所になるケースが多い。
  • 墓石の形に制限がある場合がある。 

民営墓地

場所、周囲の環境、施設、区画の広さ、墓石のデザインなど、多くの選択肢から選べるのが特徴です。最近ではバリアフリーや充実した施設やサービスを謳う墓地も増えてきています。 ほとんどの民間墓地が宗旨、宗派を問いません。

メリット

  • 販売数が多いので入手しやすい。
  • 申し込みの資格制限がゆるやかで、条件を気にせず選ぶことができる。
  • 墓石の大きさデザインの制限が少ないところが多い。
  • 宗教・宗派不問

デメリット

  • 永代使用料・管理料は公営に比べて高め。
  • 石材店は指定業者制になっている。
  • 公共の交通機関ではお参りしにくい場所にあることが多い。
  • 管理や運営に差がある。

寺院墓地

基本的には檀(門)信徒様向けとなります。寺院の敷地内にあることが多く、安心感と風情、風格があります。また、常日頃からお寺様により手厚くまつられ、法事や墓参りが同時に行えるメリットもあります。

メリット

  • 寺院との関係が密になり、代々手厚くお祀りすることができる。
  • 比較的立地条件の良い場所にある。
  • 管理が行き届いている。

デメリット

  • 永代使用料・管理料は公営に比べて高め。
  • 石材店は指定業者制になっている。
  • 公共の交通機関ではお参りしにくい場所にあることが多い。
  • 管理や運営に差がある。

納骨堂

近年の核家族化に伴い、供養の形も様々に変化しています。
ご遺骨を預けて保管してもらう施設「納骨堂」も新しい供養の形として広く知られるようになりました。納骨堂は上記のようなニーズを満たす、もうひとつのお墓の形です。
個々の納骨室にプライベートな参拝壇がしつらえられたタイプや、ICカードなどを参拝ブースに挿入することにより、納骨箱が自動的に搬送され、屋内にありながらお墓のようにプライベートな参拝空間が持てるタイプもあります。

\
まずは手軽に相談したい方
/
0120-788-8340120-110-321

24時間365日、専門スタッフが対応(無料)

  • ご相談いただいたとしても、ファミーユに決めていただく必要はございません
  • 無理な勧誘・執拗なご連絡はいたしません。
\
じっくり相談したい方
/ 家族葬 ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いしてお話する対面相談 ご自宅やお近くの喫茶店等にお伺いして
お話する対面相談がおすすめ